TOP >  恋愛コラム >  聞いたほうがいいアドバイス、聞かないほうがいいアドバイス

恋愛カウンセラー「修平」の部屋

聞いたほうがいいアドバイス、聞かないほうがいいアドバイス

何かに悩むと誰かに相談したくなることもあると思います。

友だちに話すと心の中に抑えている気持ちを吐き出すことでスッキリするのはとても良いです。

でも本当にアドバイスを聞きたい場合は別。

聞いた方がいいアドバイスと
聞かない方がいいアドバイスがあるんです。

今回は聞いてためになるアドバイスと
ダメなアドバイスの見分け方をお話します。


聞いたらダメなアドバイス

聞かないほうがいいアドバイスは、的外れだったりでタメになりません。

そんなアドバイスを聞いてもそんなに効果なかったり逆効果だったりして「後悔した...」って話は僕もよく聞きます。



感情的なアドバイス(気持ちが高ぶっている人のアドバイス)

あなたの話に共感してくれる人の言うことは聞きたくなるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

その人が本当にあなたのためのアドバイスをしてくれてるとは限りません。

あなたの話に感情的になって
自分を納得させるための行動をあなたに取らせようとしてるだけかもしれません。

もちろん共感してくれる人に愚痴るのは悪いことではないんですが
意見を聞くかどうかは冷静に考えてみてください。



偏った情報しか知らない人のアドバイス

恋愛の悩みなら、彼氏さんのことを知らない人。

そんな人はアドバイスも偏ってしまいます。

あなたが彼氏さんのことをしっかり話せればいいんですが
悩みがあると偏った話しかできないことも。

なのでプロ以外で相談するなら、最初からあなたと彼氏さん両方を知ってる人がオススメです。


・あなたの悩みを話半分で聞いてる人のアドバイス

話を適当に聞いてる人からは適当な答えしか返ってこないです。

女子会とかで多くの人がいる場での皆のアドバイスとかは間に受けない方がいいことも多いです(笑)

(経験上、女子会での意見を間に受けて失敗している子も多いので...)





聞いた方がいいアドバイス

じゃあどんなアドバイスを聞けばいいかというと



真剣な人のアドバイス

真剣なだけの人ではダメですが
逆に真剣でない人のアドバイスは聞いてはいけません。

ちゃんとあなたの話を聞いてくれる人であることは前提です。

話を軽く流されたり、冗談半分で聞いてたりする人のアドバイスは疑った方が良さそうです。


あなたの気持ちや考え方に対してのアドバイス

意外にも考え方とか気持ちとかのアドバイスってかなり的を射ていることが多いです。


たとえば、あなたが男性にワガママな態度を取っていて、自分では気づいていないとしましょう。

それをあえて周りから指摘されていたら
それは聞いた方がいいかもしれません。


ワガママのように極端じゃなくても、
気持ちとか考え方とかを言われるときは周りに下心を見透かされてることが多いです。

無意識のうちに悪い態度を取っていると特に自分で気づかないので、そういう周りの目はかなり貴重なアドバイスになります。


いろんな経験をしてる人のアドバイス

いろんな経験をしてる人は成功も失敗もしてるので良いアドバイスがもらえます。

上手くいってばかりの人は「上手くいった1つのパターン」しか知らないので
あくまで失敗も経験してる人が良いです。

実は成功した話よりも失敗談のほうが有益であなたの役に立つことが多いです。

友だちの成功体験と同じことをしても成功する可能性は低いですが
失敗体験は同じことをしなければいいからです。



まとめ

今日は聞いた方がいいアドバイスと聞かない方がいいアドバイスの見極め方を話しました。

あなたが望み通りになっていくためには人のアドバイスは選ばないといけません。

一番いいのはその道のプロに話を聞くことです。

自分もいろんな経験をしていて、いろんな人の話を聞いてるプロが最も的確なアドバイスをできるからです。


僕もカウンセラーとして相談に乗ってるので、よければこちらからどうぞ!
スポンサーサイト



Last Modified : 2019-08-13